ニキビ・ニキビ跡の治療には、ビタミンC誘導体が有効

ニキビ・ニキビ跡の治療には、ビタミンC誘導体が有効

ニキビを放っておくと、クレーター(凹凸)や色素沈着などのニキビ跡になってしまいます。

 

ニキビ跡を治すには、様々な治療法がありますが、ニキビ跡の治療法の定番が、ビタミンC誘導体です。

 

ビタミンCは、肌に良いことは皆さんご存じだと思います。

 

しかし、ビタミンCは、不安定な物質で肌に塗っても吸収しない、化粧水の瓶の中で品質を保持

 

できないという問題がありました。その問題を解決したのがビタミンC誘導体なのです。

 

ビタミンC誘導体とは、不安定なビタミンCを安定させ、皮膚細胞に吸収させることができるように

 

加工したものです。

 

皮膚細胞内に取り込まれてから、酵素反応によってビタミンCに変化し、直接細胞に働きかけます。

 

現在、化粧品に配合されているビタミンC誘導体は、大きく分けると3種類あります。

 

油溶性ビタミンC誘導体、水溶性ビタミンC誘導体、進化型ビタミンC誘導体です。

 

 

油溶性ビタミンC誘導体

 

油溶性ビタミンCは、水溶性ビタミンC誘導体にない特徴があります。

 

肌に塗るだけで真皮までビタミンCが浸透し、内側から肌の基礎体力をアップさせます。

 

そして、ターンオーバーのサイクルを正常化させることが出来、新たなバリアを形成させます。

 

ビタミンCは、活性酸素を除去して炎症を抑える効果があり、ニキビの予防にも効果があります。

 

 

水溶性ビタミンC誘導体

 

水溶性ビタミンC誘導体の最大のメリットは表皮にたいする即効性があることです。

 

メラニンの生成をおさえる、酸化するとトラブルの元になる皮脂の分泌をコントロールする、

 

肌の表面をなめらかにする、肌に有害な活性酸素を除去するつまり、肌にぬるだけで、

 

水溶性ビタミンCは、表皮に問題のあるニキビ跡を改善するということです。

 

 

進化型ビタミンC誘導体

 

進化型ビタミンC誘導体は、水溶性ビタミンCの即効性と、油溶性ビタミンCの浸透性、

 

どちらの作用ももちあわせているので、進化型なのですが、ただ単に水溶性+油溶性と

 

いうわけではありません。

 

進化型ビタミンC誘導体としての特徴が2つあります。

 

刺激ゼロ、ものすごい浸透力 です。

 

表皮のコメドや角栓をゆるめてニキビの元をとりのぞいて、表面をなめらかにする作用は、

 

水溶性ビタミンC誘導体よりもマイルドですが、刺激がゼロなところがポイントです。

 

ニキビが長びくと、敏感肌になったり、炎症をおこしやすくなって、

 

水溶性ビタミンCアイテムの刺激がネックになってしまうこともありますが、

 

肌への刺激を気にせずにつかえることは、進化型ビタミンCの大きなメリットです。

 

 

そして、もう一つの特徴が、すごい浸透力です。

 

進化型ビタミンC誘導体の浸透力は、水溶性ビタミンC誘導体の100倍以上、

 

しかも、肌の2箇所で実力を発揮します。

 

肌のバリア機能をとおりぬけて、真皮まで浸透細胞膜を通過して、皮膚細胞の中まで

 

浸透するので、肌にぬるだけで、肌の奥深くまで浸透して、

 

真皮から活性化するので、ターンオーバーといっしょにメラニンを排出します。

 

さらに、皮膚細胞の中まで浸透できるので、皮膚細胞内のメラニンに直接作用します。

 

つまり、進化型ビタミンCは、肌の奥からメラニンを排出すると同時に、

 

細胞内のメラニンに直接はたらきかけて、色素沈着を改善するのです。

 

 

まとめ

 

ニキビ・ニキビ跡には、ビタミンC誘導体が効果があることを述べました。

 

実際に、ニキビ・ニキビ跡で悩まれている方は、このビタミンC誘導体を含む化粧水など

 

をご使用されることをお勧めします。